2016年09月20日

うつ病改善の方法に水素サプリメントを取り入れる





うつ病の原因はなんでしょう・・・。

原因がだいぶ解決されてはじめているうつ病。うつ病はこころの病というイメージですが、実は脳の病気なのです。

私たち人間は強いストレスを感じると感情を司っている脳の器官である扁桃体が過剰に反応し、コルチゾルと呼ばれるストレスホルモンを大量に分泌します。このコルチゾルが分解される時に悪玉活性酸素であるヒドロキシルラジカルを大量に発生するのです。

この悪玉活性酸素であるヒドロキシルラジカルが脳内に運ばれると、脳の神経細胞の維持に必要な栄養素が減少し、脳細胞を萎縮させてしまいます。私たちのこころの安定に必要な脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌が前頭葉でうまくいかなくなってしまいます。

うつ病の原因は脳内神経伝達物質の一つであるセロトニンの分泌不足と言われてきました。しかし、セロトニンが不足してしまう原因がわかっていなかったのです。セロトニンが不足してしまう原因は私たちが強いストレスを感じることで、扁桃体が過剰に反応し、悪玉活性酸素のヒドロキシルラジカルが大量に発生し、脳細胞を萎縮させてしまうことだったのです。

うつ病に効果のある水素サプリメント

水素サプリメントがうつ病に効果的な理由として、水素サプリメントは脳内に過剰に発生した悪玉活性酸素であるヒドロキシラジカルを除去してくれます。水素サプリメントから発生する水素が悪玉活性酸素であるヒドロキシルラジカルを一瞬にして取り除くことで、その影響で脳の神経細胞の栄養が減少すること、脳が萎縮することを未然に防ぎます。

悪玉活性酸素であるヒドロキシラジカルから脳を守ることで、脳の本来の機能を取り戻すことができます。
抗うつ薬に頼らなくても自然と脳内でセロトニンが分泌されるようになり、憂鬱な気持ちになったりうつな気分になりにくくなることも考えられるのです。また、もし、うつ病の方が水素サプリメントを摂取することでうつの症状が改善し、抗うつ薬を服用する必要がなくなれば、抗うつ薬の副作用に悩まされることもなくなるでしょう。

さらに、水素以外の抗酸化物質(代表的な抗酸化物質:ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなど)は血液脳関門を通過することはできません。ですので、脳内に発生した悪玉活性酸素を除去することはできないのです。また、水素以外の抗酸化物質は体によい影響を与えてくれる善玉活性酸素をも体外に排出してしまいます。何度も書いていますが、水素は悪玉活性酸素とだけ結びつき、脳内の酸化を防ぐとことができるたった一つだけの存在なのです。



posted by お悩み改善アドバイザー at 23:19| Comment(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

耳鳴り・めまいを耳鼻咽喉科に受診する



耳鳴り・めまいで耳鼻科を受診して、診察・診断に納得がいったことはありますか?
先にも書いていますが、耳鳴り・めまいはストレスが原因になっているものも多くあるのです。
そのため、耳のスペシャリストである耳鼻科を受診してもなかなか思うような結果は得られないわけです。しかし、耳鳴り・めまいは耳の中の三半規管の異常はほとんどないことが多いのです。ですので、異常はないのですが、耳鳴りがするので、お薬が出るわけです。
しかし、よくなることはありません。

耳鳴りの症状、注意すべきポイント

耳鳴りはカラダが疲れ切ってしまっているとき、寝不足や体調不良のときにもなりやすいのです。体調が回復してきたとき、充分な睡眠と共に疲労感がなくなってきたときなどに、耳鳴りの症状が治まってくれれば受診の必要はないでしょう。また、大きな音量で音を聞くこと、例えば、コンサートやライブ、音楽スタジオなど、そういった場合にも一時的ではありますが耳鳴りは起こりやすいです。このような場合もすぐに治まってくれれば特に問題はないでしょう。
こういった状況を除き、一日中耳鳴りが治まらない、一日中続く、突然自分が驚くような耳鳴りがする、頻繁に繰り返される、こういった耳鳴りが気になって普段の生活が困難になったり、支障が出るようであれば、まずは耳鼻科を受診するのもいいでしょう。
耳鳴りが具体的にどのような症状なのかを説明できるようにしておきましょう。なぜなら、耳鳴りは自分にしか聞こえず、周囲の方にはなかなか理解してもらえないことが多いですし、耳鼻科の医師もその音を聞くことができません。

・いつぐらいから耳鳴りが聞こえ始めたのか
・どんな音が聞こえるのか(ジージー、キーン、ザーザーなど)
・耳鳴りの大きさはどの程度なのか
・どちら側の耳から聞こえるか
・何種類もの音が聞こえるのか、または、1種類なのか
・耳鳴りがひどくなるときはどういったときなのか
・寝るときなどに気になって眠れないなどの支障はでているか
・仕事にも影響が出てしまっているか

など、詳しくどういった状況であるかを把握しておくといいでしょう。

耳鳴りの検査では耳の検査をします。耳の検査には具体的にはどういったものがあるのでしょうか?

耳鼻・咽喉の検査
まず、耳の中をチェックしていきます。耳垢や炎症、異物が入ってないか、鼓膜に異常がないかの確認をします。喉から鼻の炎症も確認します。外耳や中耳の炎症による病気が原因の耳鳴りはこの時点で原因を掴無事ができます。

耳の機能を調べる

・耳管通気法
鼻から耳管にカテーテル(細い管)を通して、空気の通りを調べます。耳管のつまりを防いだり治療も同時に行います。耳管のつまりが原因で耳鳴りが起こってしまったり、耳がつまったような感じになりますので、空気を通すことで通りを良くします。

・耳管機能検査
鼻から音を入れることで、中耳と鼻を繋いでいる耳管の開閉を調べることができます。「耳管開放症」と呼ばれる耳管が開きっぱなしになる病気、またはその逆の「耳管狭窄症」がこの耳管機能検査でわかります。

・ティンパノグラム
耳の中に空気の圧をかけることで、鼓膜が振動するかを調べます。鼓膜が振動しにくくなる病気に「滲出性中耳炎」「耳硬化症」などがあります。

音の聞こえを調べる
耳鳴りがする方には自覚がない状態で難聴を伴っているケースがあります。鈍音聴力検査、いわゆる聴力検査で機械を使用し、周波数の異なる音を幾つか聞かせ、難聴の有無や程度、種類を調べます。

画像診断
耳や首の骨の異常で耳鳴りを起こすこともあります。骨の以上を調べるためにはレントゲンの検査を行い画像診断をします。CTやMRIなどの精密検査を行う場合もあります。

耳鳴りの程度、性質を調べます。

・ピッチマッチ検査
耳鳴りで聞こえてくる音を調べる検査です。どのような音の高さ(ピッチ)であるかを調べます。鈍音聴力検査で使う機械、耳鳴り検査装置を使用して調べます。

・ラウドバランス検査
ピッチマッチ検査で調べ、出てきた周波数の音の大きさを調べる検査です。耳鳴りに一番近い音の大きさを調べます。

耳鳴りの種類や大きさ、原因などを特定することができます。耳鼻科で検査をしてもらうことも耳鳴りを知るひとつの方法です。

posted by お悩み改善アドバイザー at 21:05| 耳鳴り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

耳鳴り・めまいに効く漢方薬ー静命漢方堂:メディカルリーチよくある質問

耳鳴り・めまいに効く漢方薬ー静命漢方堂・メディカルリーチを飲まれている方々からのご質問



・薬や健康食品を飲んでいるのですが、一緒に飲んでも大丈夫?
病院で出される「高血圧、浮腫、蕁麻疹、慢性肝疾患」などの薬の中には併用に注意が必要なものもありますので、耳鳴り・めまいに効く漢方薬の静命漢方堂在籍の薬剤師にご相談ください。

・どんな人でも服用していいの?
次の方は服用前に医師または薬剤師にご相談ください
・医師の治療をうけている方
・妊婦または妊娠していると思われる方
・高齢の方
・今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみなどの症状があらわれた方
・むくみの症状がある方
・高血圧、心臓病、腎臓病の診断を受けた方

・副作用はありませんか?
あくまでも薬ですので、まれに下記のような症状が現れることがあります。
皮膚の発疹・発赤、かゆみ、尿量が減少、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛。
このような症状が出た場合はすぐに服用をやめていただき、かかりつけの医師または薬剤師、または静命漢方堂の薬剤師にご相談ください。服用前には、きちんと添付文書のご確認をお願いいたします。

・漢方薬は一生飲み続けないといけないのでしょうか?
漢方薬は体質を整え、健康な体を取り戻していくことを目的としています。そのため、耳鳴り・めまいの症状が改善されれば、耳鳴り・めまいに効く漢方薬を飲み続ける必要はありません。症状がなくなり漢方薬をやめて後でも、耳によい食生活や生活習慣には気をつけていただき、耳鳴り・めまいは再発をしやすい病気ですので、健康を維持していくための生活習慣を続けることが大切です。

・この耳鳴り・めまいに効く漢方薬は医療費控除の対象ですか?
対象になります。確定申告の際に、医療費控除に関する項目に記入し、購入時に送付された領収書を添付もしくは提示してください。
医療費控除とは年間の医療費が一定の額を超えた場合、所得税もしくは住民税の一部が返還される制度です。
詳しくは、国税庁HPでご確認ください。 https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

・漢方薬の使用期限は?
開封前の状態であれば、製造後の使用期限は5年間です。耳鳴り・めまいに効く漢方薬のラベルや外箱の底面に使用期限を記載していますので、ご確認ください。開封後は用法用量をよくお守りの上、早めにお飲みください。漢方薬の性質上、湿気によって成分が変化する可能性があるため、保管は直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい場所に密栓して保管してください。



☆☆☆90日間集中プラン(定期コース)→→→3,870円もお・と・く!
30日間隔で自動的に1ヶ月分をお届けするプランです。
耳鳴り・めまいに効く漢方薬(30日分)
税抜通常価格 12,800円→→→特別価格9,800円(税抜)10,584円(税込)※送料無料
※初回限定・特別キャンペーン:耳鳴り・めまいに効く漢方薬の定期コースをご注文の方に限り耳鳴り・めまいを改善する情報冊子「漢方薬ガイド」を無料プレゼント
※さらに、90日間返金保証付き:万が一、カラダに合わない場合は、空き箱と残った耳鳴り・めまいに効く漢方薬、領収証をご返品ください。「初回1箱分の商品代金全額」を返金いたします。

☆☆3,870円もお得な耳鳴り・めまいに効く漢方薬 定期コースの7大特典
特典1:初回から3,870円をお値引きしてのご提供
特典2:漢方薬ガイド無料プレゼント!
特典3:お届け周期の変更も自由
特典4:耳鳴りやめまい改善に役立つ情報をお届け
特典5:メール・電話ひとつで解約
特典6:追加購入も定期価格!夫婦でご一緒に
特典7:安心の90日間返金保証

☆耳鳴り・めまいに効く漢方薬 単品コース
耳鳴り・めまいに効く漢方薬(30日分)
12,800円に消費税+送料630円をあわせて 14,454円 ※返金保証は対象外になります。

posted by お悩み改善アドバイザー at 23:04| Comment(0) | 耳鳴り・めまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする