2016年09月23日

うつ病改善の鍵、セロトニン

うつ病改善の鍵でもあるセロトニン

セロトニンの不足を解消すること、すなわち、セロトニンの分泌を自然に促すことでうつ症状が軽減できる可能性があります。

・・・セロトニンとはどういったものなのでしょうか?

セロトニンは私たち人間の精神面に大きな影響与え、心身の安定や心の安らぎなどにも関与することから、『幸福ホルモン』とも呼ばれています。
セロトニンはノルアドレナリンやドーパミンが過剰に出過ぎることを抑えてくれて、心の均衡・バランスを整えてくれる伝達物質です。ですので、セロトニンの分泌が減少してしまいますと心のバランスが崩れてしまい、不安になったり、暴力的になったり、うつ症状・うつ病・不眠症などの精神疾患を発症すると言われています。

ですから、セロトニンの不足がうつ病の原因の一つとして考えられるわけです。セロトニンの分泌を促したいのですが、そもそもセロトニンの原料になるトリプトファンの不足が考えられます。
ーということは、原料になっているトリプトファンをサプリメントなどで補うことで、セロトニンの分泌量を増やすことができるかもしれません。ともすれば、うつ病を治すことができるかもしれないということになるのです。

これが、うつ病を軽減するセロトニンのサプリメントの考え方になっています。

食生活の中で必須アミノ酸の摂取が少ない方はトリプトファンを補うサプリメントを摂取することで、セロトニンの量を増やすことを期待できるということでうつ症状の改善の可能性もあります。

しかし、サプリメントでトリプトファンを単独摂取することは脳内へのトリプトファンの吸収効率を考えるとあまり良くないと言われています。ということは、食事での栄養や、食事のバランスを考える必要があるわけです。トリプトファンは炭水化物と一緒に摂取したほうが吸収効率が高いとも言われています。

そもそも、うつの症状の原因の一つとして考えられるセロトニンの不足ですが、セロトニンが不足してしまう根本的な原因は食生活だけでなく、生活習慣の乱れ、仕事・学校などの生活環境などにストレスが無数に存在している事が可能性であるなど、さまざまな原因が考えられるそうです。

例えば、水素をとることで、過度のストレスなどで脳内に発生した悪玉活性酸素であるヒドロキシラジカルを直接取り除くことができます。そうすることで、脳細胞の萎縮や神経細胞の栄養不足を防ぐことができるのです。

生活環境などのストレス、生活習慣の乱れなど、根本的な原因を解消せずに、薬やサプリメントだけに頼るやり方では、うつ病を治すことはほぼ不可能です。ですので、食生活、生活習慣、生活環境を見なおす必要があるわけです。

ストレスの原因を探すのは大変苦痛なことであり、思い出したくもない現実を直視してしまうことにもなってしまう可能性もあります。ですが、水素を摂取することでストレスによって発生した悪玉活性酸素を常に取り除き続けることができます。何らかのストレスによって発生する悪玉活性酸素は取り除けるのです。さらに、水素サプリメントで体内で起こるストレスを軽減できる可能性があり、細胞自体を守ることもできるのです。

水素はうつの症状自体をも軽減する可能性も秘めているのです。
posted by お悩み改善アドバイザー at 19:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする